藻のように生きたい

藻のように生きたいデザイナーです。


 

わたしのような凡人オブザイヤーでも

2冊の本の出版経験があります。(自費出版ではなく商業出版です)

 

 

著書はコチラ↓↓


 


 

 

 

 

 

 

 

出版してます、というとものすごく興味をもってもらえて、

いろいろと質問されるので

出版にいたるまでの経緯を買いてみたいと思います。

 

 

コネ無し素人が本を出版するまでの備忘録

 

幼少期から本が好きだったわたしは

唯一学校で人より秀でているのが“作文”でした。

文章は書いていて楽しいうえに書けば褒められる、という好循環ができ、

おのずと“本を出版する”という夢ができました。

 

しかし本を出版できるなんて、選ばれた人だけだとずっと思っていました。

夢をみるのは自由だけれど、自分には到底無理だと思っていました。

 

 

そんなある日。

大学生になった頃のことです。

 

 

勝間和代さんの本を読んでいると

『ブログなどでアウトプットしていきましょう……うんぬんかんぬん………できれば出版を目指してほしいですが………』

 

といった内容のことがサラッと書かれており

 

 

「え!?出版って、いち読者が安易に目指していいもんなん!?」

 

と混乱しました。

 

だって出版したいと思ったって

まわりに出版したことあるひとなんていないし

やりかたを誰に聞いていいかもわからないし

企画書をどこに送ればいいかもわからないし

何からはじめたらいいか、皆目検討もつかなかったからです。

 

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする